防災講座第2回「モバイル建築を利用した応急仮設住宅の社会的備蓄~講演・宿泊体験・見学会」

このプログラムへの参加は 要予約 です。

2022年3月12日 〜 2022年3月13日

10:00 〜 15:00

モンティ・ホール
長坂俊成
【防災講座のテーマ】 「モバイル建築を利用した応急仮設住宅の社会的備蓄~講演と見学会・宿泊体験」(第2回) 【主催】一般社団法人日本モバイル建築協会 【共催】立教大学陸前高田サテライト(予定)、立教大学社会デザイン研究所(予定) 【内容】 東日本大震災以降、モバイル建築を利用した新たな応急仮設住宅が利用され始めました。モバイル建築は、一般の恒久住宅と同等以上の耐震性や断熱性、防音性、環境性能を有し、解体せずにトラックに載せて迅速に移設し直ぐに利用することができるものです。 今回の講座では、被災者の健康と暮らしを支える新たなタイプのモバイル建築を利用した応急仮設住宅について可能性や普及に向けた課題について考えます。特に、モバイル建築を災害時に利用するためには全国に備蓄必要がありますが、使わないまま備蓄しておくことはできません。そこで、平時は地方創生に資する施設として利用しつつ、災害時に被災地に提供する仕組みが必要となります。この仕組みを「社会的備蓄」と呼びます。講義では、特に、この「社会的備蓄」という官民連携の取り組みについて参加者のみなさまと討論したいと思います。 当日は、講義に先立ち、講師がガイドとなり、陸前高田グルーバルキャンパス内にあるモバイル建築を利用した応急仮設住宅注1)と『3.11仮設住宅体験館』注2)を見学していただきます。 また、当日はインターネットによりWeb配信を行います。現地に来られない方々はリモートでご参加ください。 注1) 2018年西日本豪雨の際に日本で初めて災害救助法に基づき供与されたモバイル建築を利用した応急仮設住宅と同じタイプ。 注2) 東日本大震災で実際に使用されたプレハブ型応急仮設住宅を保存した施設 【講師】  長坂俊成  立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 教授   専門は防災危機管理。東日本大震災当時、国の防災研究機関の研究員として陸前高田市の罹災証明書の発行や流された写真やアルバムの返却、被災状況の映像記録などの活動に従事。2014年から立教大学教授に就任し、立教大学陸前高田サテライト副サテライト長を務める。現在、モバイル建築を利用した地方創生や応急仮設住宅、復興住宅の研究開発と普及に取り組む。また、震災後10年を迎える中、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科の授業「オーラルヒストリーとデジタルアーカイブ」と連携して、スマホアプリで聞けるWebラジオ「りくたかラジオ」を開設し、陸前高田の復興と未来を語る声の配信とデジタルアーカイブに取り組む。 小島誠一郎 一般社団法人日本モバイル建築協会 理事 事務局長   東日本大震災当時、災害支援のプロボノとして、ICTを用いて被災地の災害対応を支援する『ALL311プロジェクト』及び被災地の災害デジタルアーカイブを支援する『311まるごとアーカイブプロジェクト』の現地ディレクターを務める。一般社団法人協働プラットフォーム理事を兼務。 【日時】2022年3月12日(土)~3月13日(日)   3月12日(土):13時~15時 講座とプレハブ仮設、モバイル建築の見学 夜はモバイル建築での宿泊体験研修(最大4名) 3月13日(日):10時~12時 講座とプレハブ仮設、モバイル建築の見学   ※両日の講座内容は同じです。 【場所】陸前高田グルーバルサテライトキャンパス 2階モンティ・ホール 【対象者】陸前高田市の住民。その他学生や一般の方。  ※保護者同伴の場合小学生以下のこどもも参加可能です。 【定員】各回ともに20名 12日夜の宿泊体験研修希望者は抽選で最大4名。 【参加費】無料 【事前申し込み制】 締め切り 3月10日(木) 申し込み先:以下のHPからお問い合わせ内容に「3月12日又は13日講座参加希望」と記入してください。 申し込みサイトについては調整中 ※申し込み多数の場合は先着順で締め切らせていただきます。

こちらのプログラムへの参加は下記フォームから予約可能です。

※連絡先としてメールアドレスまたは電話番号を必ず入力してください

    戻 る